中村 会子  Aiko Nakamura 

31947083_1919836218060871_8707584247432478720_o.jpg

中村 会子 

 / 歌唱、シトール、プサルテリウム、 ロマネスクハープ、

  パイプ&テイバー、リコーダー

 8歳から合唱を始め、10歳の時「タブラトゥーラ」のCDでカンティガ旋律に出会う。

 2009年、国立音楽大学音楽教育学科卒業・同西洋古楽コース修了。

 在学中より杉本ゆり氏主宰Laudesi東京に合唱隊・器楽で参加。

 2010年、「音庭企画」(現:音庭古楽)を立ち上げ、中世、ルネサンス、民族古謡などを中心とした演奏活動を行う。

 2011年に札幌に移住。

 2013年よりイタリア、スペインの国際中世音楽コースにて、演奏実技(歌唱、笛、シトール、ギターン、ロマネスクハープ)、グレゴリオ聖歌、音楽理論をDr.M.モリーナ他各氏より学ぶ。

​ 2018年、フランス・モワサックにて、Ensemble Organum主宰M.ペレス氏のヒルデガルト聖歌研修に参加、中世単旋律聖歌の歌唱法を学ぶ。

 2019年夏、同氏の研究機関CILMAにてインターンを行う。スペイン最古の教会堂で行われた歴史的モサラべ復元ミサに聖歌隊として参加。

  2020年よりカタルーニャのリェイダ大学科目履修生として中世音楽史、理論、記譜法のディプロマ取得コース在籍中。

 《主な演奏会経歴》

 2014年「巡礼地の一夜~モンセラートの朱い本全曲演奏~」(札幌)、

 2016年~17年「聖と俗の音の旅Ⅰ~Ⅲ」(札幌・北海道大学遠友学舎、東京・近江楽堂、札幌・豊平教会)、

 2017~19年 「中世古楽の扉Ⅰ~Ⅲ」(大磯・海の見えるホール)、

 2017~2020年「中世古楽のクリスマス」(札幌、東京各所)、他、多くの中世古楽演奏会を企画・開催。

 ✠ MMC 札幌中世古楽会 SapporoMMC 札幌中世音楽研究会