中村 会子  Aiko Nakamura 経歴

2018-05-05-04-34-36-235.jpg

中村 会子 

 / 歌唱、シトール、プサルテリウム、 ロマネスクハープ、

  パイプ&テイバー、リコーダー、フレームドラム

 /ヴォーカル・アンサンブル、縦笛、西欧中世音楽理論・指導

《音楽経歴》

 8歳から合唱を始め、10歳の時つのだたかし氏主宰「タブラトゥーラ」のCD内聖母マリアのカンティガ旋律にて、中世古楽に出会う。10代中、女声アカペラアンサンブル、バロック宗教音楽混声合唱団等にてアカペラアンサンブルの経験を積む。

 2009年、国立音楽大学音楽教育学科卒業・同西洋古楽コース修了。4年次、同大特別給費研修奨学金を取得し渡英。

 

 在学中より杉本ゆり氏主宰Laudesi東京に合唱隊・器楽で参加し、中世イタリアのラウダを学びつつ都内で演奏活動に参加。

 2010年、「音庭企画」(現:音庭古楽)を立ち上げ、声楽と器楽アンサンブルを両立するメンバーによるアカデミックかつ創造的なアンサンブル活動を開始。​中世、ルネサンス、民族古謡などを中心とした演奏活動を行う。

 2012年に札幌に移住、北大総合博物館ボランティアとして年数回の古楽演奏会を企画、学生の指導、札幌市内の女声アンサンブルにラウダとヒルデガルト聖歌の指導を始め、これを機に国内には専門教育機関の無い中世アルス・アンティカ音楽(13世紀以前)の勉強を本格的に始める。

 2013年、イタリア・スペッロの国際中世音楽コースにて、ラウダ歌唱をM.ボルジョー二、笛類をG.エスポスティ(Ensemble Micrologs) 各氏に受講。

 2014年、東京都内にて、フランス・リヨン高等音楽院教授陣によるオルガヌム、中世即興クラスを受講。

 2015~2017年、スペイン・べサル―の国際中世音楽コース(2

週間)にて、シトールとギターンをM.ベルトラン、ロマネスクハープをC.ピガニョル、声楽をJ.ピサロ、グレゴリオ聖歌をJ.C.

アセンシオ、M.ペレス、音楽理論、オルガネット、記譜法をC.A.ローリッヒ、打楽器と音楽理論をDr.M.モリーナ各氏より学び、中世アルス・アンティカ時代の各器楽奏法と合奏法について学ぶ。

​ 2018年、フランス・モワサックにて、Ensemble Organum主宰M.ペレス氏のヒルデガルト聖歌研修に参加、中世単旋律聖歌の歌唱法を学ぶ。

 2019年夏、同氏の研究機関CILMAの研修生として短期留学、モワサックの他、西・マレッサ、仏・クリュニー、仏・リヨンにて研修を受け、スペイン最古の教会堂で行われた歴史的モサラべ復元ミサに聖歌隊として参加する機会を得る。

  2020~21年はオンラインにて「MMB Online 中世音楽理論と演奏」クレジット課程を経由し、カタルーニャのリェイダ大学「中世音楽専門家」科目履修生として中世音楽史、理論、記譜法の専門コース、実技科目では、アンサンブル・セクエンツィア現メンバー、J・チュルンチッチ氏によるヒルデガルト聖歌等を受講中。22年末のディプロマ取得を目指している。

《活動経歴》

 2014年、MMC札幌中世古楽会を立ち上げ、「中世古楽を楽しむ会」「ヒルデガルト聖歌を歌う会」「聖母マリアのカンティガス」等、各種中世古楽ワークショップを札幌・神奈川・東京・オンラインにて開催。女声「古楽アンサンブルViridis」(~2017)を主宰し、中世~ルネサンスの各時代のレパートリーに取り組み、2017年、札幌市の芸術研修助成(団体)を受けてMMBにてアンサンブルとして研修に参加。札幌・東京にて招聘を含めた演奏活動を行う。

 2017年より、WS「中世古楽を歌う会」より混声によるアカペラ・ヴォーカルアンサンブル「Via中世アンサンブル」を立ち上げ、13世紀までの典礼聖歌・宗教的世俗曲を中心としたレパートリーにて札幌での定期的な演奏活動を行う。

 2017年より、個人プロジェクトとしての「Project Viatger」を開始、理想とする音の組み合わせ、中世中期の単旋律音楽のみでのレパートリー展開を望めるグループの確立を目指し、様々な演奏家と公演を重ね、2018~2019年度、歌唱/山口紗知・フレームドラム/久田祐三とのトリオにて「アンサンブルViatger」としての活動を開始。東京、神奈川、札幌での演奏会を持つ。 

 

 2020年、アルメニアン・ドゥドゥク/藤川星が山口と交代し、レパートリーを単旋律音楽に絞る。西欧へ影響を与えた東欧正教会や中東の伝統音楽を通し、西洋と違って中世からの口伝音楽伝承が絶えていない日本からの視点も併せた単旋律・中世西欧古楽の演奏復元を探りつつ、特定の宗教に依らない「祈りの音楽」の精神をメンバーの共通興味として活動を展開している。

                   (2021年10月現在)

 《主な演奏会経歴》

 2014年「巡礼地の一夜~モンセラートの朱い本全曲演奏~」(札幌)、

 2016年~17年「聖と俗の音の旅Ⅰ・Ⅱ」(札幌・北海道大学遠友学舎、東京・近江楽堂)、

 2017~19年 「中世古楽の扉Ⅰ~Ⅲ」(大磯・海の見えるホール)、

 2017~2020年「中世古楽のクリスマス」(札幌、東京各所)、他、多くの中世古楽演奏会を企画・開催。

 ✠ MMC 札幌中世古楽会 SapporoMMC 札幌中世音楽研究会