中村 会子  Aiko Nakamura 経歴

中村 会子

 / 歌、リコーダー、シトール、プサルテリウム、

  ロマネスクハープ、 パイプ&テイバー、フレームドラム

8歳から合唱を始め、10歳で中世古楽に出会う。2009年、国立音楽大学音楽教育学科(幼児教育専攻)卒業・同西洋古楽コース修了。4年次、同大特別給費研修奨学金をコース生として初取得し渡英、A.デイビス氏のマスターコース(リコーダー)を受講。在学中より杉本ゆり氏主宰Laudesi東京に合唱隊・リコーダーで参加。ラウダを中心に都内で演奏活動に参加。

 

2010年、「音庭企画」(現:音庭古楽)を立ち上げ、声楽と器楽アンサンブルを両立するアカデミックかつ創造的アンサンブル活動を開始。​

2012年に札幌に移住、北大総合博物館チェンバロボランティアとして年数回の古楽演奏会を企画、学生の指導、札幌市内の女声アンサンブルにラウダとヒルデガルト聖歌の指導を始め、これを機に国内では教育機関の無い中世アルス・アンティカ音楽(5~13世紀)の勉強を本格的に始める。

2013年、イタリア・スペッロの国際中世音楽コースにて、ラウダ歌唱をM.ボルジョー二、笛類をG.エスポスティ(Ensemble Micrologs) 各氏より学ぶ。

2014年、東京都内にて、フランス・リヨン高等音楽院教授陣によるオルガヌム、即興クラスを受講。

2015~2017年、スペイン・べサル―の国際中世音楽コースにて、シトールとギターンをM.ベルトラン、ロマネスクハープをC.ピガニョル、声楽をJ.ピサロ、グレゴリオ聖歌をJ.アセンシオ、M.ペレス、音楽理論、オルガネット、記譜にて、法をC.A.ローリッヒ、打楽器と音楽理論をM.モリーナ博士各氏より学び、中世アルス・アンティカ時代の各器楽奏法と合奏法について学ぶ。

​2018年春、フランス・モワサックにて、Ensemble Organum主宰M.ペレス氏より中世単旋律聖歌の歌唱法を学び、2019年夏には氏の研究機関CILMAの研修生として短期留学、モワサックの他、バルセロナ、クリュニー、リヨンにて研修を受ける。

東京・札幌を中心に中世古楽LIVE・演奏会を多数企画する他、2014年より楽器と歌のワークショップ「中世古楽を楽しむ会」、中世ヴォーカル・アンサンブル「中世古楽を歌う会・Via」等、普及と指導にも力を入れている。「札幌中世古楽会」「Ensemble Viridis」「Ensemble Viatger」主宰、「音庭古楽」代表。https:// www.otoniwakogaku.com

中世古楽 中村会子

吟遊詩人の詠った古語の韻律、古文書に記された祈りの旋律

千年の時を超え、古の唄に立ち返る

​✠

声と楽器の音色で綴る

欧州中世古楽・演奏企画

「音庭古楽

© 2017 by Aiko NAKAMURA. Proudly created with Wix.com